FC2ブログ

再開:やっさんたっさんのリノベり隊~緑と音楽のあふれる家を目指して~

2014年12月、ついにリノベーション完成しました!!現在WEB内覧会開催中です。

間取りその2---初回プラン、、、悩む!!

昨日G-FLATさんにバナーを頂きました!!

G♭ logo



早速右のリンク欄に貼ってみました\(^o^)/
ブログにまだ慣れていないのでヘルプとかいろいろ見つつ、
なんとかできました
そうこうやってるうちに右側もいろいろとカスタマイズできることが判明!(ってだいぶ遅いけど)

もっといろいろブログも見やすくなるよう試行錯誤していきたいです



G-FLATさんは事務所もめちゃめちゃおしゃれなんですよ
今度行った時に写真に撮ってぜひお見せしたいです

打ち合わせの際に出して下さるお茶のカップや相談会などでくださるお土産とか、、
ちょっとした小物とかもいつもセンスにあふれてていろんなところで参考になります


サイトもとっても見やすいのでぜひぜひのぞいてみてください




さてさて、それでは本題へ。。。




リノベーション、間取りの記事から始めております。



●前回までのおさらい
前回の記事はこちら→間取り---現況図と要望

ちなみにやっさん家BEFORE写真はこちらの記事にまとまってますので
参考にご覧ください→解体前現地確認に行ってきました。

BEFORE写真要望の記事を先にご覧頂くと
これからの記事がよりわかりやすくなるかと思います



●要望おさらい
それでは前回の記事で要望をあげたやっさん。
ここで要望をおさらいしておきましょう


洗面所、お風呂、トイレの他は大きなLDKと収納に。
できればシューズインクローゼット、ウォークインクローゼット、パントリーが欲しい
帰ってきてシューズインクローゼット→ウォークインクローゼット→洗面所→キッチンorリビングと行けたら最高
ウォークインクローゼットで服を脱いでそのまま洗面所を通ってリビングに行くか、廊下から洗濯機に直接放り込めるようにしたら便利??
洗面所と脱衣所をわけられないかなー
シューズインクローゼットからウォークインクローゼットに直接行けたら、、



そしてこの要望でどのようにプランニングして頂いたかご覧いただきましょう





●プランニング
第一回目の打ち合わせの際に、
G-FLATさんは2つのプランニング案を出してくださいました。


先に現況間取りを参考に
間取り現況図1F



そしてまずはプランA
間取りプランA-2



いろいろ書いてあるのは無視してください
前のお風呂、トイレの位置は変わらず、
前の洋室だったところがシューズインCL、WCLに。
そして洗面がWCL側に移動しています。


要望はほぼクリアしてます

この間取り案を見た時のやっさんとたっさんの反応




そしてプランB
間取りプランB-2


AとBの主な違いはシューズインCL、ウォークインCLからキッチンにかけて。
キッチンの向きが大きな違いになってます。

《プランA》         《プランB》
間取りプランA-3間取りプランB-5






●プランAがいい?プランBがいい?

プランAはキッチンが広く取れるけれどその分Bに比べてリビングダイニングが狭め。
Bはキッチンをコンパクトにしてその分リビングダイニングを広く取っています。



リビングがとにかく広いほうがいいというたっさん。
でも、プランBのキッチンではちょっと狭いんじゃないかと思うやっさん。


やっさん家は2人とも料理をするため、
やっさんは2人が一緒にキッチンに立ってもストレスなく移動できる広さがどうしても欲しかったのです!

それにプランBでは明らかにキッチンの収納が少ないんじゃないかな、、、
(水とか豆乳とかストックも置きたいし、、、)



でもプランAではリビングが狭い!というたっさん。





き、決まらない、、、





そのうちやっさんとたっさんのつかみ合いに、、、(うそです)








うーんうーんとやっさんたっさんとG-FLAT・Mさんの3人で悩み、
うまいこと折衷案を出すことに成功








折衷案についてはまた次回に、、、


なかなか進まずすみませんが(意外と書いてると長くなっちゃって

また次回楽しみにお待ちください♪





トラコミュバナー追加しました♪

にほんブログ村 トラコミュ 間取りへ
間取り



ブログランキングに参加しています♪

クリックしていただくとランキングが上がる仕組みになっています。
更新の励みになりますので来たよの合図にクリックして頂けると嬉しいです♪


にほんブログ村 住まいブログ リノベーションへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。